aloha ! moon fish

やさしい江ノ島、やさしい水族館

f0080716_13533128.jpg
梅雨の晴れ間に、娘と二人新江ノ島水族館へ出かけました。我が家からすぐの、リニューアルして間もない水族館は、江ノ島を臨む片瀬海岸にあり、市内の親子連れはほぼここの年間パスポートを持っています。雨の日、風の日、寒い日、暑い日。外で遊べないときはここに来て魚たちを見たりイルカのショーをみたりします。ほんとに、みんなに愛されている水族館です。
f0080716_13473851.jpg
f0080716_134885.jpg
今日は夫はひさびさにいい波が来てるので、ウエットに着替え張り切って自転車で出かけました。ポイントは江ノ島より辻堂寄り。おーい、おとうさーん!がんばれ~!!
f0080716_134830100.jpg
館内に入ると、相模湾を再現した大水槽や、様々な展示が続きます。私も娘も水族館が大好きで、保育園にあがる前からずっと遊びにきていたのですが、中でも娘はここのタッチングプールが大好き。ネコざめに触れるのが、ほんとに嬉しいらしいのです。まさにサメ肌のネコざめ。いつまでも触っています。でもちょっとさめがはむかうと、めちゃくちゃびびってますが(笑)。
f0080716_13485946.jpg
f0080716_13492685.jpg
ネコざめの隣には、期間限定で「ドクターフィッシュ体験コーナー」という水槽がありました。ドクターフィッシュは人間の皮膚についた老廃物を餌にしちゃう魚。その魚たちのいる水槽に手を突っ込んでみよう、というのです。ひ~!やだやだー!魚たちは意外にも大きく、メダカぐらいだろうと思っていた私の予想を大きく上回ります。気合を入れて手をいれてみると…きゃー!!きたきたきたー!私の手を、魚が食べている~!!!!大勢の人の前で、大騒ぎしてしまった私。娘はびびって水槽に手を入れませんでした(笑)。
f0080716_1350036.jpg
娘がここでもう一つ、どうしても見たがるもの。それは「ドルフェリア」というイルカショーです。普通、イルカたちのアクロバットショーはどこの水族館にもあると思うのですが、ここではもう一つショーがあり、ミュージカルとシンクロナイズドスイミングとイルカショーを足して割ったようなショーなのです。漁につかう網をモチーフにしたお姉さんダンサーたちが歌いながらイルカと踊ったり、水にもぐったりと、初めて見たときはその斬新さに驚きました。そして、エンディングでは、そこに隠されている「地球に生まれて、よかったね」というメッセージがこもった歌に私、泣いてしまったんです。でも、周りのママに聞いたら「あたしも泣いちゃったのよ」って言ってて、ほっとしました。よかった、ただの泣き虫じゃなくて。娘は大きくなったらこのお姉さんダンサーになるのが夢だそうです。
f0080716_13502541.jpg
f0080716_13505766.jpgここの水族館のいいところは、こういう「やさしさ」に溢れてるところです。実は昨年、ミナミゾウアザラシの「みなぞうくん」が亡くなったのですが、私たちも数日前にみなぞうくんの大きさに驚き、楽しい思いをして帰ったばかりだったのでショックを受けました。娘も「みなぞうくん、神様になっちゃったんだよね。寂しいね」と言っていました。そして、次に水族館に行った時、用意された祭壇に小さな花束をささげた私たち。悲しむ子どもたちを癒すため、「みなぞうくんを紙ねんどで作ろう」というワークショップが開かれました。もちろん私たちも参加です。これにはすっごく私が燃えてしまい、出来上がった時の感激が大きかったのですが、完成のあと、子どもたちには紙芝居「いつでも会える」がスタッフによって読まれたのです。「みなぞうくんには、目を閉じればいつでも会えるよ」というスタッフの言葉に、ほんとにこの水族館ってやさしいなあ、と思いました。

やさしい江ノ島。そしてやさしい水族館。とっても大好きな場所です。

●緊急ニュース!なんとドルフェリアが8月31日でフィナーレを迎えるそう!ラストの日はカーテンコールありのスペシャルバージョン。絶対いかねば!http://www.enosui.com/index.html
by gupimona | 2006-06-22 13:54 | お出かけ